老化の原因と老化防止レシピ5選

老化防止を毎日、手軽にケア出来るとしたら、こんなに良いことはないですね!

人間の体は酸化することによって、いわゆる錆びた状態になってしまうのです。日々、浴びている紫外線ですら、その原因です。しかし、食事など内側からのケアをしていくことが出来れば、手軽ですし、特別お金を掛ける必要性もありませんよね。

外面には内面の状態が鏡のように写るものです。食事によって内側から磨き上げると外側も自然と磨かれていくのではないでしょうか。

まずは、老化について理解して、どのようにアプローチをしていくのか、ご紹介していきましょう。


何を持ってして老化というのか?

老化は徐々に始まる

一説によると成長=老化という考え方もあるようですが、その考えで行くと、私たちは生まれたときには、すでに老化が始まっていることになってしまいます。

一般的な考え方としては、30代から40代にかけて心身ともに最も熟成した期間となり、その後を老化という節になっており、この点については妥当だと思います。変化が出てくるのも、この時点と考えて良いでしょう。

早い方では、生活の乱れ、主に食事の観点から考えて老化現象が始まっているようなので、見た目のケアだけではなく、内側からも整えていかなくてはいけません。知らないところで、あなたの老化は始まっているのです。

お肌だけじゃない、内臓も衰えを見せ始めます

男女ともに目に見える老化としては、肌に表れてきます。

たるみやシワ・シミ、クスミなどが代表的なものです。単に外面的に衰えたと考えて良いものでしょうか。肌は内側、つまり内臓の状態を直に表すものでもありますので、外面に出てきているということは、それだけ内面での老化も進んでいるというバロメーターになっているのです

「表裏一体」という言葉が、相応しいのが老化現象でもありますね。

体が錆びると老化が進んでいく・・・

人間の体は、様々な要因によって、酸化していきます。紫外線を浴びることでも酸化しますし、食事の内容が悪くても、体の内側の酸化もしてきます。

こういった状態を「錆びる」と表現するのが、最も適しているのではないかと思います。一度錆びてしまっても、その後の改善によって元に戻すことが可能ですので、老化の進行を食い止めるには、食事も含めてトータルの生活改善を行っていくのが望ましいでしょう。

早く効果を出すものとしては、食事に重きを置いて改善に望んでいくのが理想的です。

老化防止の成分と食べ物

老化防止に欠かせない成分

老化を防止するのには、どのような成分を摂取していると良いのでしょうか。

ゴマなどに含まれているビタミンEは体が錆びていくのを予防するのに効果的だと言われていますし、ワインなどにもポリフェノールというアンチエイジング効果を持っている成分がありますね。その他にはビタミンCには抗酸化作用がありますので、これも体の酸化を防止するものとして有効な成分だと考えられます。

必要な成分をバランス良く摂取することによって、老化を防止することが可能ですし、組み合わせによっては、さらに効率の良い効果が得られます。

老化防止レシピ

ゴーヤのごま味噌和え

ゴマに含まれるビタミンEとゴーヤのビタミンCが老化防止に効果を発揮します。

ビタミンCと合せることによってビタミンEの吸収を促進します。

 

絶品!赤ワインと野菜のビーフシチュー

赤ワインにはポリフェノールがふんだんに含まれており老化防止に良いです。

牛肉は亜鉛を多く含んでおり、成長促進効果があるとされていますしビタミンCの含有量も高いので吸収率をアップさせます。

 

アボカドブロッコリーのナッツサラダ

アボカドにはビタミンEが含まれており老化防止効果があります。

ブロッコリーにはβカロテンが豊富で抗酸化作用があります。

マカダミアナッツには必須アミノ酸や多くのミネラルを含有しており抗酸化作用に優れています。

ほうれん草のレモンしょうゆ

ほうれん草にもレモンにも抗酸化作用を持っているビタミンCが豊富に含まれています。

ほうれん草で、体に必要なビタミン・ミネラル類が十分に摂取出来ます。

 

さばのアーモンド照り焼き

アーモンドにはビタミンEが含まれており、体のサビを防止します。

サバでは、EPAと呼ばれる脳の老化を防止する成分も含まれていますし、コエンザイムQ10によってアンチエイジング効果も得られます。

 

まとめ

老化防止は、体の外だけに限らず内側からのケアをしていけることがおわかりいただけたかと思います。このように必要な成分を食事で取っていくことによって、楽しみながら老化防止も出来ますので、ぜひ、お試し下さい。