あまりにも簡単すぎる美肌法・8つのセルフケア

いくつになっても女性は美しくいたいもの。そのために大切なのが、素肌をいかに若々しく保てるか。定期的にエステに通ったり何万円もする高価な化粧品を使ったりと、確かにお金をかければいつまでも美しくいられる可能性は高くなります。

でも、現実は美容代に毎月何万円もお金をかけられる人はごくわずか。そこで、お金をかけずとっても簡単にできる美肌法をご紹介します。ただし、共通して言えることは毎日コツコツ実践すること。リーズナブルに美しさをキープするため、今日からあなたも実践してみてはいかがですか?


1.水分は一度にたくさん飲まないで少しずつ飲む!

デトックスで体内の毒素を排出するのは美肌づくりにも効果大!

水分をたくさん摂ることで、リンパや腎臓、腸などの動きが活発になり、毒素が排出しやすくなります。

ただし、一度に大量の水分を摂ると腎臓に負担がかかってしまうため、回数を増やして少しずつ飲むようにしましょう。

できれば冷たいものより温かい飲み物のほうが◎。

2.寝る前の1分間深呼吸でリラックス!

質の良い眠りは美肌づくりに欠かせません。そのためには、寝る前の1分間深呼吸がおススメです。

大きく深く呼吸をすることで、副交感神経が優位に働き、身体中に酸素が行き渡って深い眠りにつくことができます。大きく鼻で息を吸ったら、ゆっくりと口から細く長~く息を吐きましょう。

3.午後からはハーブティーで眠りの準備を!

カフェインは交感神経を刺激し、1日の摂取量が多くなると肌にも影響が。特に夕方以降に飲むと睡眠の妨げにもなりますので要注意。

その代りに、午後からはハイビスカスやローズヒップなどのハーブティーを。肌の老化を招く活性酸素を除去する働きがありますので美肌づくりには欠かせない飲み物です。

4.冷え性の人はサラダより調理した野菜を!

冷えは血行が悪くなるため美肌づくりには大敵。

野菜はビタミンたっぷりの美肌づくりに欠かせない食材ですが、生野菜には“酵素”が多い反面、カラダを冷やす作用があり冷え性の人にはおススメできません。

できれば煮物や温野菜など調理して食べましょう。火を通すことでカサも減りますので、生野菜よりもたくさんの量を食べることができますよ。

5.クレンジング料は手のひらで温めてから使う!

油分を含んだクレンジング料は、手のひらの上で温めてから使うと肌になじみやすく、素早くメイクを落とすことができます。

クレンジングは短時間で終えることが肌荒れを防ぐことにも。また、メイクを落とす際は力を入れず、やさしくすべらすように指の腹を動かすようにしましょう。くれぐれもゴシゴシ洗うのはNGですよ。

6.朝は洗顔料を使わず化粧水で汚れを拭き取る!

朝は汚れといってもホコリや汗くらい。洗顔料の使いすぎは肌トラブルにもなりますので、化粧水を浸したコットンで汚れを拭き取りましょう!

ただし、力は入れすぎないこと。しっとりと潤ってメイクのノリも良くなります!

7.化粧水パックで乾燥肌に潤いを!

説明するまでもないほど簡単な美肌法。大きめのコットンをさいて化粧水をたっぷり浸し、オデコ、目、鼻、頬、アゴにピタリと貼り付けて3分間放置するだけ。たったこれだけでしっとりと潤いますよ。

毛穴が開いている入浴中なら浸透率もアップし、より効果的。乾燥がひどい方は、美容液をプラスしてあげましょう!

8.美肌づくりにマイナスの食べ物を控える!

肌トラブルを起こしやすい「動物性脂肪」「化学薬品」「アクの強い食べ物」はできるだけ食べないようにしましょう。

肉やバター、チーズ、農薬や保存料や着色料などの合成添加物の入っている食品は控え目にし、アクの強いほうれん草やゴボウ、春菊などは必ずアク抜きをしてから調理するようにして下さい。