疲れたカラダをスッキリ癒す7つの疲労回復ドリンク

「たっぷり寝たのに疲れがとれない・・・」「何となくカラダがだるい・・・」という経験は誰にでもあります。

健康や美容を考えれば運動がいいとはわかっていても、カラダを動かすのが苦手だったり、忙しくて運動する時間が取れなかったりという方も少なくありません。そこで自宅で簡単に作れ、疲れたカラダをスッキリと癒してくれる疲労回復ドリンクを7種類ご紹介します

日替わりで楽しむもヨシ。自分に合ったドリンクを毎日飲むもヨシ。あなたに合った飲み方を見つけ、毎日の生活習慣にしましょう。


美容とダイエットを兼ねた疲労回復ドリンク「黒ゴマバナナドリンク」

材料 1人分

黒ゴマバナナドリンク

  • バナナ1本
  • 黒ゴマ大さじ2
  • 調整豆乳カップ1

作り方

ジューサーに黒ゴマと豆乳、適当な大きさに切ったバナナを入れ撹拌すれば出来上がり!
※牛乳でもOKですが、疲れて弱った胃には豆乳のほうがやさしいのでおススメです。

青汁を飲みやすくした疲労回復ドリンク「グリーンスムージー」

材料 1杯分

グリーンスムージー

  • 葉物野菜1束
  • リンゴ1/2個
  • パイナップル1切れ
  • グレープフルーツ1/2個
  • 生姜1片
  • 水100cc

作り方

ジューサーに適当な大きさに切った葉物野菜・フルーツとすりおろした生姜、水を入れ撹拌すれば出来上がり!
※葉物野菜は、ほうれん草や小松菜、モロヘイヤ、水菜など。生姜は入れすぎると辛くなるので要注意。

レモンのさっぱり感が爽やかな疲労回復ドリンク「簡単レモネード」

材料 1人分

簡単レモネード

  • 水150cc
  • レモン果汁小さじ2
  • 甘味料小さじ1/2

作り方

グラスにレモン果汁と甘味料を入れ、よく混ぜれば出来上がり!
※甘味料はパルスイートなど。水を炭酸水にすればレモンスカッシュになります。

冷え性の方のための疲労回復ドリンク「梅干しホットミルク」

材料 1人分

梅干しホットミルク

  • 牛乳カップ1
  • 梅干し1個
  • ハチミツ適宜

作り方

鍋に種を取り除いた梅干しとハチミツをカップに入れ、牛乳を加えて温めれば出来上がり!
※レンジでチンしてもOK。加熱しすぎると分離したようになりやすいので要注意。

まとめて作っておける疲労回復ドリンク「梅ジュース」

材料

梅ジュース

  • 青梅1kg
  • ハチミツ800g~1kg

作り方

  • 洗って水けをきった青梅はヘタを爪楊枝で取り除き、フォークでたくさん穴をあけておきます。
  • 保存瓶に青梅を入れ、ハチミツを青梅がひたるくらいに入れます。
  • 1日置くと水が出てくるのでよく振り、2~3日したら飲みます。

フルーツがたっぷりとれる疲労回復ドリンク「疲労回復フルーツジュース」

材料 1人分

疲労回復フルーツジュース

  • リンゴ1個
  • キウィ2個
  • グレープフルーツ1個
  • リンゴ酢大さじ2
  • ハチミツ適宜
  • 水1カップ強

作り方

適当な大きさに切ったフルーツとリンゴ酢・ハチミツ・水をジューサーにかければ出来上がり!

冷え性回復とダイエットも兼ねた疲労回復ドリンク「黒酢入りゆず茶」

材料 1人分

黒酢入りゆず茶

  • 黒酢小さじ1
  • ゆずジャム大さじ1
  • 湯・・・120cc

作り方

カップに黒酢とゆずジャムを入れ、お湯を注いで混ぜれば出来上がり!
※材料は目安ですのでお好みで分量を変えてください。

一時的な疲労回復には緑茶やコーヒーも

こうした疲労回復ドリンク以外にも、手身近な飲み物として緑茶やコーヒーがあります。

どちらにも共通するカフェインには中枢興奮作用があり、交感神経系を刺激することで眠気や疲労を取り除く効果があります

よく寝る前に緑茶やコーヒーを飲むと眠れなくなると言うのも、この中枢興奮作用の働きによるものです。ただし、緑茶やコーヒーは一時的な疲労回復ドリンクとして効果はあるものの、継続した疲れをとる働きは期待できません

今回ご紹介した疲労回復ドリンクで日々の健康や美容に役立ててください。